上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『高3!』

さて、遅ればせながらの放送開始です。

で、ちょっと書いておきたいこと(自分の中で整理しておきたいこと)があるので、つらつらと書いてみます。こんなことを書くと「アンチ必死だなw」とか言われそうな気もするんですが、私は『けいおん!』自体は普通に面白い作品だと思って見てますんで、いわゆるアンチではないです。どちらかというと、作品そのものより、作品を中心に巻き起こっている妙なムーブメントに対する気持ち悪さのほうが大きいんですが。

そう、『けいおん!』は面白いとは思うんですが、同時に非常に「気持ち悪い」作品でもあるんですよね。

私は原作付きアニメの場合、アニメを通して原作をイメージしながら見るようにしています。原作をイメージしながら見ていくと、スタッフがどういうスタンスで原作のアニメ化に取り組んでいるか、ぼんやりと捉えられるような気がするんです。
『けいおん!』と同じ4コマ系作品だと、『あずまんが大王』『GA』『ひだまりスケッチ』といった作品は、原作をイメージしやすく、アニメを見たあとで原作を読んで「なるほどね」と思うことができました。しかし、『けいおん!』は、いくら見ても原作をイメージできないんです。

このあたりの違和感は第1期の序盤から感じていて、それが明確になったのが第9話でした。真面目に部活をしない先輩たちに梓が苛立つものの、結果的には「軽音部って素晴らしい!」となる、そんな流れだったかと思います。
なぜ違和感を覚えるかというと、『けいおん!』という作品における「軽音部」って、『ひだまりスケッチ』の「ひだまり荘」とか古い作品ですが『究極超人あ~る』の「光画部」などと同じで、現実世界のしがらみから隔離された「理想郷」なんですよね。別の言いかたをすれば、作品の開始時点から既得のものとして主人公たちに与えられた「箱庭」あるいは「秘密基地」なんですよ。
……なんてことを書くと、「軽音部は唯たちが素晴らしい部活に作り上げたんだ!」とかわけのわからない反論をする人が居るかもしれませんが、構成・演出の範疇と作品テーマの範疇を混同してはいけません。ここで議論しているのは、後者の部分です。

でまあ、ぶっちゃけ、理想郷が「理想的」なのは自明であり、それをことさら強調して「軽音部って素晴らしい!」なんて登場人物に言わせるのは、マスターベーション以外の何ものでもないわけです。だって彼女らは、(作品テーマの側面から見ると)その理想郷を手に入れるために、何もしてないんですから。
このエピソードが原作に存在しているかは知りませんが、少なくとも、このような形で独立した(印象的な)エピソードにした時点で、このスタッフは『けいおん!』という原作を真正面からアニメにする気は全く無いんだな……と、かように感じたわけです。

結局、私が何を言いたいかというと、本作は単体のアニメとして見る分には面白いと思うけど、スタッフのスタンスが気に入らない上に、原作をイメージできないので、原作を読む気も起きないんです。『あずまんが大王』『GA』『ひだまりスケッチ』あたりは、即行で原作買ったんですけどね。
面白いとは思うんだけど納得できない……という、このあたりのアンバランスさが、なんとも気持ち悪く、『けいおん!』を素直に楽しめない大きな要因になっています。

でまあ、ウダウダ言っててもしょうがないので、試しに原作を買ってみました。
読んでみると、「ああ、なるほど」と違和感の原因みたいなものがはっきりした気がします。ぶっちゃけて言うと、「アニメは、原作とは根本的に異なるモノだね」ということです。表面的なストーリーは概ねなぞっているんですが、根幹テーマは(悪い意味で)上手い具合にすり替えられてるかな……と感じました。
尤も、疑念を抱いてから読んだので、多分に偏見が入っていることは認識しています。ただ、世の中を見ても似たようなことを感じている人は少なくないようなので、そんなに大外しはしてないかな……とも思います。

そういうわけでアニメの『けいおん!』は、単発のエンタテインメンとして見るとよくできてると思うんですが、「原作付きアニメ」という観点では微妙な存在かもしれません。主観ではありますが、『ハーメルンのバイオリン弾き』くらい開き直ってくれるとまだいいんですけど、『ハヤテのごとく!』(第1期)のような中途半端さを感じずにはいられません。「原作どおりの皮をかぶった原作無視」とでも表現すればいいですかね。しかもそれが、相当に意図的にやられている(ように見える)という点で、違和感というか気持ち悪さを感じてしまいます。
たぶん商業的には大成功なんでしょうけど、作品のアイデンティティという面では微妙かなぁ~と。ただ、どっちを重視すべきかは難しいところですけどね。アニメとコミックスは、根本的に違うモノですし(私自身、アニメ感想で常々言っていることではあるのですが……)。

というわけで、第1話本編の感想は全く書いてませんが(笑)、世のムーブメントに流されることなく、普通に楽しんでいきます。
2010.04.23 Fri l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2011-5b0642d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。