上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『Day Game』

まあ、こうなりますわね。非常にわかりやすいお話でした。
おそらく、こうした葛藤がこれからもたびたび語られていくのでしょうが、そのとき音無がどう判断し行動していくかというのも、ひとつの要素になっていくのでしょう。

ユイのウザさが際立ったエピソードでして、登場直後などはなかなかに腹立たしく(笑)、なんでこういうキャラになったんだろう?……と考えていたんですが、Bパートに入った直後あたりで脚本の意図を理解できると、本エピソードにおける彼女のポジションの重要さに気づかされました。
で、結末。上手いお話の運びかたですね。ラストを音無ではなくユイに委ねたのも、脚本の判断としては非常に妥当なところでしょう。とはいえ、「ユイがやればオチになる」というのは、やや消極的な決着のつけかたではあるのですが(夢オチに近い)、お話がまだ前半戦であることを考えると、無理に踏み込む必要は無いかな……とも思います。尤も、今回のエピソードにおける主役をユイと日向のどちらに位置づけるかで、ここの解釈は全く変わってくるのですが(私は日向の立場で書いてますが、世のblogを見るとユイで解釈してる人も多いみたい)。

ユイの本格参戦から日向消滅回避まで、脚本のステップとしては非常にわかりやすく、間にしつこく挟まれた日向×ユイの絡み合いも含め、丁寧に作られたエピソードだったと思います。
また全体構成としては、前回の岩沢の件で消滅の基準が少し明かされたことを受け、今回のエピソードで、「消すか消さないか」を決めるバトンが音無を始めとする戦線側のメンバーに渡されたことを明確に示しました。その意味では、今話は「ギャグ回」とか「伏線がほとんど無い」とかいう感想をよく見かけるんですが、第3話よりも重要なエピソードではなかったかな……と、個人的には思います。
明善的な見方
2010.04.24 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (2) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2013-e6f5057d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】前回、岩沢さんが消えたのを払拭するがごとく、 今回は日向の担当回。 しかし、一番目立ったのは...
2010.04.25 Sun l 明善的な見方
 ある夏の日の高校野球…。  1人の野球少年が、フライのボールを取ろうとしていた―。  どうやら、これは日向の生前の思い出の1つみたい...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。