上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2か月ぶりにこんにちは。もう、ここを読んでる人も居ないかなぁ。まあ、ぼちぼち更新してみます。

ということで、秋で終わったアニメなど。

■生徒会役員共
(第1話しか見てないけど)下ネタ系作品で『みつどもえ』みたいな投げっぱなし(全員がボケになるような)展開は生理的に受け付けないんですが、『生徒会役員共』はタカトシが終始一貫してツッコミとして機能していたので、とても安定していて面白かったです。やっぱり、ギャグはボケとツッコミですね。実際、タカトシがツッコミ役として機能しなかった修学旅行回は、かなりツラかった……。
あと、『全ラ』(Webラジオ)が面白い。パーソナリティーが毎週(2本録りなので隔週で)変わるのですが、誰がパーソナリティーでも同じように面白いというのがスゴい。

■オオカミさんと七人の仲間たち
地味に面白かった。半分は新井里美さんのナレかなぁ。

■祝福のカンパネラ
まあ、普通のギャルゲー原作アニメかな。男主人公の立ち位置がわりかし中立・中性的で、べたべたした感じが全くと言っていいほど無かったので、ありがちなギャルゲ臭は強くなかった気が。まあとりあえず、水橋かおりさんのアニエスは最強です、マジで(笑)。

■会長はメイド様!
中身は少女マンガ系ラブコメのテンプレに近いので、わりと安心して見てられました(基本的にこういうのは嫌いじゃないので)。さらに、男性ウケもする設定やキャラ配置と、桜井監督の持ち味とも言える小気味よい演出で、非常に面白く仕上がってました。東海地区はまだ最終回に到達してないけど、これは見て良かったと素直に思う。

■学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
結局、最後まで見てしまいました。最初の感想でも書いたんだけど、ここまで背景設定・キャラ設定・ストーリー展開が(悪い意味で)無茶苦茶な作品も珍しい。正直、作品としては価値ゼロです。ただ、突き抜けても転げ落ちても世間の外に変わりはない……を地でいった感じで、無茶苦茶すぎて逆に面白いという矛盾でした。

■けいおん!!
終盤に行くにつれ、話を作ろうとしすぎてどんどんつまらなくなっていきますね……。4人が「同じ大学に行く」と言い出した時点で反吐が出ました。最後まで見る気が起きない……。前にも似たようなこと書いたけど、この展開じゃ、出来合いの箱庭で互いを慰め合ってるだけじゃん。こういうマスターベーション的展開を「面白い」と思える感覚が、私にはわからない。

■GIANT KILLING
地味に面白かった。万人にお勧め。浅野真澄さん最高っす(笑)。
2010.10.06 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2047-3a987cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。