上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『バリツの秘密』

今期最大のダークホース。低予算・短納期による作画崩壊もものともせず、現時点までで玄人筋から非常に高い評価を受けています。ニコ動で視聴してますが、コメント数が他作品を圧倒してますね。
とにかく、見たらコメントせずには居られないくらいツッコミどころの応酬で、これほどニコ動向けなアニメは珍しいのではないか……むしろ、それを想定して制作したのではないかとも思えます。

この第4話はこれまでで最大のカオス回で(話が進む毎におかしくなっている)、悪ノリにも見えるのですが、よくよく見ていると制作サイドの苦心がうかがえてきます。
悪ノリというのは無意味に羅列しただけではただの悪ノリなんですが、本作の場合、ポイントとなるネタとネタをわざとらしい強引なつなぎでテンポ良く機能させており、そのおかげで悪ノリがきちんとギャグとして成立してるんですよね。
例えば、レミングの大群を追いかけてシャロが滝に飛び込むあたりでしょうか。レミングの大群には展開上の意味は無く、「バリツ」「滝」というシャーロキアンなら誰もが知るキーワードをネタにするためのつなぎなわけですが、このつなぎをテンポ良く展開させるから、全体としてギャグが成立しているように思います。
個人的には、この「わざとらしさ」「強引さ」が重要だと思っていて、こういうネタ振りをしれっとやってのけるのって、けっこう勇気が要るんですよね。変に悟られると飽きられてしまうので。そこを、有無を言わせぬテンポで強引に持っていくあたり、きちんと考えた上でネタを成立させようとしてるんだなと、その演出力に感心するしだいです。

このペースのまま最終回まで進むとはとても思えませんが、3話に1話くらいこのような良回があると面白く見られそうな気がします。
2010.11.02 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2061-2a1e7ca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
シャロたちが、明智さんに騙して謝れっていってツイスターゲームで懲らしめる。そして、遠山サキさんが事件だよといってくる。G4が出動する。銭型ツギコさんが運転する。シャーロッ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。