上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『かまぼこ失踪事件』

この作品は、本当に名作かもしれない。

「ギャラクシーエンジェルとコナンを足して2で割った感じ」というのが本作の基本発想らしいですが、アニメに関しては『GA』をすでに超えている気がします。
『GA』は30分枠の半分の尺を、強引かつ投げっぱなしな展開で押し切っていましたが、本作はストーリーも絡めてA, Bパートを一気に駆け抜け、さらにオチもつけるという非常に贅沢な構成になっています。作画にはかなり難があるものの、それさえも“味”に思えてしまう圧倒的な構成力が、本作の魅力のような気がします。

とにかくギャグが秀逸。
ギャグは流れを切る演出なので、多用してしまうとストーリーを絡める(進める)のが難しくなってしまい、そのためにツッコミ役が必要になってくるのですが、本作にはツッコミ役が居ません(笑)。にもかかわらず、ギャグとストーリーが両立できてるんですよね。
このあたり、「ミルキィホームズ流の強引さ」とでも言いましょうか、ギャグとギャグを強引な展開で繋ぐことで、全く流れを切らないんですよね。第5話だと、ケイトが走行中のトラックを破壊したあと、シャロの「トラックは爆発したけど、運転手さんは無事助かりました」のひと言でしれっと片づけて次の展開に繋げるあたりに、スタッフのしたたかさを感じます。

まあ、見る人を限りなく選ぶ作品ではありますが、ツボにハマればこれはかなりの名作になりそうな気がします。

あと、ニコ動のタグで、

・何ひとつ噛み合わないアニメ
・意味を求めたら負け

というのを見つけて、ウケてしまいました(笑)。
2010.11.09 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2068-acd2128a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
みんなでキノコを焼く。ネロは魚釣りに行く。そして、魚もってくるが、ネコのカマボコがいない。そして、車にひかれそうになったところに、トイズで助けられる。メアリー声-中原麻...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。