上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
以前は立ち読み(汗)で読んでたんですが、近くのコンビニが『近代麻雀』を置かなくなってしまったので、小泉ジュンイチローが月に飛び立って以降の展開を知らずにこの第5巻を読みました。

で、感想。

やってくれるぜ、大和田秀樹!先生

本当に、どうやったらこんな発想が出てくるのか。もう全てがおかしい。こんな漫画が描けるのは、世界に大和田先生しか居ないのではないかと本気で思えます。

さらに感心するのは、一連のギャグが単なる思いつきではなく、登場人物たちにまつわる様々な事実や逸話などをベースに、きちんと練り込まれている点なんですよね。
ご本人は「ただの思いつきだよ」とか言いそうなんですが、実際に思いつきだったとしても、社会情勢や歴史に対し常にアンテナを張っているからこそ出てくる発想なんだと思います。そして、こういう事実をネタに結びつけられるあたりが、大和田先生の“天才”なんでしょうね。

というわけで、このマンガは読まないと損します、マジで。
2010.11.23 Tue l コミックス l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2070-908668a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。