上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『蛮族英雄-バルバロスヒーロー-』

タイトルほどはUSA色は感じませんでしたが、軽妙でなかなか面白いリプレイでした。SWリプレイにはあまり期待してないところもあり1巻だけ試し買いでしたが、これなら2巻も買うかな……と。

GMであるベーテ・有理・黒崎さん(声優)はアメリカ育ちだそうですが、文章は普通に上手い。冗長な台詞回しが無く、軽快に読み進められます。

キャラクターは、いちおう主人公格だけどまだ主人公になりきれていないアンセルム、本能のままに行動するクリフ、ツッコミ役のポジションだけどまだまだ弱いエリヤ、「ボクは世間知らずだけど」を枕詞に最も的確な発言をするウィスト、パーティーの清涼剤であるミケといった面々。まだ各々の立ち位置があやふやで、個性が確立して面白くなってくるのはこれからでしょうね。
ハンドアウトとライフパスで個性の大部分が固まるF.E.A.R.系TRPGとは異なり、SWはキャラクターの“味”が出てくるのに少し時間がかかるので、2巻以降に期待といったところでしょう。

ひとつ気になった点として、クリフのキャラクターは少し読む人を選ぶかな……と。SWリプレイでいくと、へっぽこーずのイリーナみたいに上手くノッてくれるキャラが居るか、あるいはぞんざい勇者団のエアみたいな強力なツッコミ役が居ると、こういう煩悩系キャラは立ち位置が安定するんですけどね。ちょっとノリが浮いてる印象が強いです。
エリヤでは少しパワーが弱く(デレるの早すぎ)、アンセルムはまだクリフのキャラに馴染みきってない感じ。ミケの立ち位置ではクリフと絡みづらいところもあり、ウィストが上手くクリフをあしらえるようになってくると、もうちょいバランスが取れそうな気がします。

でまあ、とりあえず、ウィストに萌えようかと思います(笑)。ボクっ子で感情を表に出さず淡々と喋る印象なんですが(無口キャラではない。TRPGの無口キャラは困る)、要所要所で言動が可愛いんですよね。
2010.11.25 Thu l SW l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2071-8b0fd775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。