上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
携帯じゃなくて、電子ブックリーダーのほう。

ソニーのReaderもあったので触ってきたけど、見た感じはGALAPAGOSのほうがいい感じだった。
事前の情報だと、Readerのほうがコントラストが高く活字を読みやすいという話だったけど、個人的にこの意見には賛成しない。Readerは確かに高コントラストだけど、16階調のせいかアンチエイリアスが不充分に感じ、文字のデザインという点ではあまり読みやすいとは言えない。とくに、文字を少し小さめに表示すると、かなり読みにくくなる。
一方のGALAPAGOSは、やはりカラー液晶ということで、文字を小さくしてもしっかりアンチエイリアスが効く分、読みにくさを感じない。おそらく液晶パネルの優秀さもあると思う。(実際、IS03も文字を小さくしても読みにくくならない)

操作感は、書籍を選択する画面でかなりもたつきを感じたけど、内容を表示して以降はさほど気にならなかった。縦横の切り替えはもう少しスムーズだと嬉しいけど、逆に感度が良いとうっかり縦横が切り替わってしまうことも有り得るので、バランスが難しいところかな。

ホームモデルは、サイズに比して解像度が足りずイマイチ。雑誌のサイズに近いけど、雑誌を1ページ表示しても文字を読むにはツラいレベル。結局、拡大しないと雑誌を読めないので、これならモバイルモデルでも操作性は変わらない気がする。文庫本なら、文字が大きくないとツラいという人でなければ、モバイルモデルが良いと思う。

個人的には雑誌を読むツールとして検討してるんだけど、ネックはやっぱり値段かなぁ。正直、4万円はちと手を出しづらい。ただの書籍リーダーとしてだけでなく、通常のAndroidタブレットとしても使えるのなら魅力的なんだけど。

シャープのGALAPAGOS戦略に対しては賛否両論あるけど、どうなのかなぁ。シャープとしてはあまり変なムーブメントを起こしたくないのか、ものすごい積極的な攻勢に出ているようには見えない。店頭販売しないのも、値崩れを起こしてブランドイメージが下がることを恐れてのことだろうけど、プラットフォームを普及させるという点では厳しいのではなかろうか。
いちおう、GALAPAGOSは垂直型サービス全体の名称なので、シャープとしても今回のメディアタブレットだけでなく、スマートフォンにも展開していく予定があるらしい。だとしたら、IS03とかに最初からGALAPAGOSを提供すべきだったんじゃないかなぁ。だって、スマートフォンの販売台数だけ、見込み顧客を確保できるんだから。

メディアタブレットの値段を見てしまうと、やはり二の足を踏んでしまう。自炊派とか、そもそも電子書籍に対する期待値の高い人なら、あまり迷わないかもしれないけど。これから電子書籍の世界に飛び込もうという人にアプローチするには、やはり高価と言わざるを得ない。
個人的には、スマートフォンなど既存のプラットフォームに並行で展開して、まず裾野を広げる。そして、スマートフォンの画面サイズなどに不満を持った人が、専用のメディアタブレットを買う……という流れを作ったほうが、サービスとしては道筋をつけやすい気がするんだけどなぁ。コンデジからデジイチに誘導する……みたいな。
しかし、メディアタブレットの値段を見せられると、シャープがサービスを売りたいのか端末を売りたいのかがわからなくなってくる。スマートフォンにプラットフォームをばらまくと、メディアタブレットの売りを食う可能性はあるからね。でも、サービスを売りたいなら、それでもいい気がする。

というわけで、いろんな意味で戦略が中途半端に見えるGALAPAGOS。もうしばらく様子見かなぁ。
2010.12.17 Fri l 雑談 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

うちも同意見
2010.12.19 Sun l もえちん. URL l 編集
この前さぁー。サイトみてたらぁ、とちゅーで切れてまぢ
2010.12.19 Sun l もえちん. URL l 編集

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2077-7a9cbf80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。