上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
■そらのおとしもの f ≪フォルテ≫
最後の最後まで、この作品らしい終わりかただったと思う。ネタは下品だし悪ノリ傾向があるんだけど、意外と方向性がブレてなくて作品としては統一感がある。
キャラクターの役割分担と、それぞれの個性・持ち味がギャグパートでもシリアスパートでもブレないので、安心して見ていられるというところかなぁ。よくあるギャグで始めてシリアスで落とす失敗パターンは、たいていキャラの方向性自体が途中の展開でブレるんだよね。
作品がどういう展開になろうとも、キャラの立ち位置が一貫していれば全体に統一感が出る。キャラアニメはこうあるべきだと思う。悪ノリの具合は「迷作」の部類に近いけど、そういうキャッチーな部分を除けば非常に丁寧に作られた良作だった。
まあそれはそれとして、とりあえず、ニンフが可愛かったということで(笑)。


■探偵オペラ ミルキィホームズ
これも『そらおと』と同じく、キャラアニメとしてしっかり作られた良作だった。『そらおと』と違うのは、『そらおと』はシリアス展開に入ると本当にシリアスなんだけど、『ミルキィホームズ』はシリアス展開でも普段のノリを忘れなかった、そこに面白さがあると思う。
これもやはり、キャラクターの役割分担が明確で、展開を作る人と壊す人とでも言えばいいのか、やはりアンリエットという全くブレない核があったので、その周囲でキャラを上手く回せたのかなと思う。
たまに悪ノリもあったけど、総じてギャグは一般ウケしやすく、ドタバタで展開を作るスラップスティックの傾向が強かった。わりかし吉本新喜劇のパターンに近いかな。それぞれが持ちネタを持っていて、展開に合わせて披露し合うという感じ。
作画に難があったのは残念だけど、それさえネタに思えてしまうパワーが素晴らしかった。これは間違い無く名作。


■侵略!イカ娘
原作のイメージをそのままアニメにしたという、非常に丁寧に作られた佳作だった。水島努監督なら間違い無いと思ってたけど、本当に間違いが無かった。
水島努監督って『ムダヅモ』とか『大魔法』とかを見ると、悪戯好きとか悪ノリのイメージもあるんだけど、作品の本質(面白さ)がどこにあるかから展開を広げていって、遊ぶのはあくまでも周辺の部分なので、核の部分は比較的素直に原作のイメージを踏襲するんだよね。『イカ娘』についても、できるかぎり何もいじらずに作ったということで、そのことがよくわかる出来映えだった。
原作のイカ娘ファンとしては、非常に満足できる内容だった。これは名作。
2010.12.28 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2081-84456e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。