上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『野兎達は朝陽の下で約束をかわす』

うーん、これはミステリーかもしれないけど、推理小説じゃないな。アニメの演出が悪いように見えるけど、推理小説として必要な論理の組み立てが非常に曖昧だし、情報提示の仕方も上手くない。

ネッドから逃げるところも、そのあとジュリィが襲われるシーンも、展開の必然性が無くて見ていてツラかった。銃を持つ相手から視線を切るのと同じで、普通なら考えられない行動をとっているので、見ていて苛ついてしまった。

ミステリーは、こういう細部の描写がしっかりしてないと途端に軽薄になってしまうので、演出はもっとしっかりやってほしい。たぶん原作小説を読んだほうが面白いんだろうなぁ~と思えるだけに、このスタッフでのアニメ化は失敗するんじゃないかと、見ているこっちが心配になってくる。
2011.01.26 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2105-d7a6739a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。