上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ちょっと遅くなりましたが、読みました、聴きました。
とりあえずいつもどおり、リプレイとドラマCDについてそれぞれ感想を書いてみます。

リプレイ:『ふたつの終わり、ひとつの始まり』

GM:齋藤幸一
PC1:御堂絢姫/小野涼子(声優)
PC2:御堂結依/小暮英麻(声優)
PC3:一条凱/菊池たけし(F.E.A.R.)
PC4:ヴェーダ/久保田悠羅(F.E.A.R.)

生徒会コンビの登場ですな。英麻さまは、ファンブックリプレイの登場は結構久しぶり(パワー・オブ・ラブ以来か)。涼子タンは学生時代以来のセッションらしいので、10数年ぶりとかそれくらいでしょうか。
GMの齋藤さんは、第1回からのリスナーかぁ。私は12回くらいからのリスナーです。原作ゲームは一切知らないのですが(笑)。

セッションのほうは、外野から見てると途中で何となくわかってきたんですが、GMが「情報は基本的に全て出ている」と発言した段階で確信を持てないと難しいですね。
それにしても、社長も人が悪い(笑)。

英麻さまは、肝心なところで知らないことが多いのに、どうでもいいことをよく知ってるなぁ(笑)。涼子タン、ラストの「ハッピーバースディ」は、恰好良かった。


ドラマCD:『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』

ベル様復活!
ベル様が居ると居ないとでは、ドラマCDのノリが違いますなぁ。ただ今回は、今までのようなポンコツぶりはそこそこに、主役として縦横無尽の大活躍でした。ベルとリオンのコンビは、音声で聞くと本当に良い。
柊とアンゼロットなき(?)今、第八世界を支えるのはベル様以外に有り得ませんなぁ(ドラマCD的に)。

今回は、かなり久しぶりにパール=クールが登場ですが、名塚佳織さんの名(迷)演が素晴らしすぎました(笑)。いやもう、溢れんばかりのバカっぷり(褒め言葉)。名塚さんの演技を聴いてるだけで、パールがいかにバカかがよくわかるというもの。これだけでも聴く価値があります、マジで。
メイオルティスの田村ゆかりさんは、相変わらず素晴らしい。魔王・冥魔側では、唯一全くブレないお人ですな。田村さんの可愛くも恐ろしい演技は一級品です。

ドラマ本編は、結構な感動モノかも。とくに、Chapter08は、かなりホロリとさせられました。

どうでもいいけど、佐藤利奈さんの3年以内にリプレイ出演はかないませんでしたな。
2011.02.07 Mon l NW l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2119-c0858008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。