上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『サムライプリンセス』

GM:丹藤武敏
PC1:アオイ・オトハ/小島めぐみ(声優)
PC2:リン/久保田悠羅(F.E.A.R.)
PC3:チンエン/菊池たけし(F.E.A.R.)
PC4:ユーノス・ローリングスター/田中信二(F.E.A.R.)

ARA新シリーズです。

やっぱ、勧善懲悪はストーリーの王道であり基本ですね。こういうチャンバラ活劇モノは、TRPGをやっている人間なら一度は憧れるシチュエーションではないでしょうか。

とにかく、単純に面白い。当然のことながら、TRPGなので戦闘はガチにやるわけですが、そこに至るまでのシチュエーションが勧善懲悪モノの時代劇として読んでいて楽しいし、これにTRPGとしての戦闘シーンが加わることで、全体として面白い読み物に仕上がっています。

それともうひとつ、オトハが可愛い。小島めぐみさん参加のリプレイとしては、『ハートフル』とNW『モノクロームの境界』がありますが、本リプレイのオトハが最もこじまめの魅力をストレートに引き出してると思います。
(失礼な言い方になるかもしれませんが)オトハは思考が単純で、正義感にあふれているんだけど、ちょっと抜けている。元気が取り柄で、いつも周囲を明るくするお姫様。要するに、このあたりのキャラクター性が非常に『ふぃあ通』のこじまめに近く、前2作に比べてキャラクター作りに無理を感じないんですよね。
その意味で、PC1にこじまめを抜擢したのは、まさに慧眼。選ばれるべくして選ばれたのだなと、私もそう思いました(笑)。

時代劇のお約束ネタと言えば、やっぱ偽オトハかオトハのそっくりさんは、ぜひ登場させてほしいところ。また、キャンペーンとしてどんな陰謀に巻き込まれていくのか、そこにも注目していきたいと思います。
2011.02.21 Mon l ARA l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2138-557de40d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。