上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『夢の守り人』

相変わらず作画がすげえなぁ。勇魚に気合いが入りすぎ。

「敵が有利なのに撤退するのは……」という感想を見たけど、メシ島先生とミストルティンのやり口を見ていると、傍観しているはずの千鶴が勇魚の危機に乗り込んできた……というところで引き延ばしにかかるのは、なんとなく理解できる。「飽きた」とかではなく、もうちょい積極的な方向性を脚本で見せれば、不自然さは無くなると思うんだけどな。その点で、脚本はもうひと捻り欲しかったかも。

原作をなぞりつつ並行してアニメ用展開を盛り込んでるので、伏線というか原作側の展開が中途半端な感じ。
ちなみに原作は3巻まで読んだ。アニメで言うと、第10話までに該当。本当に、原作のエピソードをわりと忠実に追いかけながら、アニメ用の展開を織り込んでいったって感じだもんなぁ。私は好意的に見てるけど、原作ファンはどうなんだろう。
2011.04.08 Fri l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2186-1bcf6ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。