上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『ウチくる!? …いくいくっ!』

正直な話、今期の個人的最右翼は『輪るピングドラム』ではなく『ゆるゆり』だったりする。第1話と第2話は、もう合わせて10回以上見たんじゃないか(汗)。Blu-rayもAmazonクリック一歩手前で、『イカ娘』でも『GA』でも堪えてきたんだけど、今回も堪えきれるかは微妙なところだ。

アバンのあかりの扱いは、そろそろあからさまでつまらんという意見も出てきているみたいだけど、私としては、第3話でこのレベルまで持ってきてしまって、スタッフはこれからどこまでやるつもりなんだろう?……と、そっちの方が気になってしょうがない。
まあ、ここまでやるっていうのも、あかりがスタッフから愛されてるっていう何よりの証左なんだけど。

で、今回のエピソードは、作品タイトルどおりかなり『ゆるゆり』な感じだった。この京子と結衣の関係性・距離感が“ゆるゆり”なんだなぁ~……と。京子×綾乃はどちらかというとガチ百合に近いし、櫻子×向日葵はまったりとした“ゆる”さが足りない。
それにしても、ここまで見てきて、主人公のあかりだけが、百合関係に巻き込まれていないという。(姉のあれは、百合というのとは違う気がするし)

それにしても、京子はええ子や。彼女は傍若無人ではあるけど、結衣のツッコミを期待している面が多分に垣間見えるし、何より結衣のことをよく見て考えてる。こういう優しさまで含めて京子というキャラは魅力的だし、傍若無人系ではあるけど好感度が高い。
だからこそ本来、京子は主人公では有り得ないんだろうな。ただそうすると、結衣が主人公ということになってしまうのだが(笑)。

いちおう、あかりが“表の主人公”、京子が“真の主人公”、結衣が“影の主人公”ということでいいのかな。
2011.07.22 Fri l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2268-998237ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。