上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『布団に移るものを知らない』

アニメ業界は、いつまで田村ゆかりさんにこういう役をやらせるのだろう。……いや、大好きだからいいんだけど。

原作は当然未読。

嫌いではない。正直、どういうストーリーになっていくかはイメージできてないんだけど、テンポがいいし展開もわかりやすいから、第1話としては素直に楽しめた。
フィアの存在については、物語の登場人物(春亮、このは)は状況を理解できていて、視聴者に対する説明が無い状態で進行している。ただこれは、最終回までに物語の中できちんと説明されていれば、導入としては間違ったやり方ではない。

「展開が早すぎる」という感想も見かけたけど、個人的にはそうは感じなかったなぁ。登場人物だけが状況を理解できている状態で話が進んだので、展開が早いと錯覚してるだけじゃないかと思います。
実際のところ、ラノベにありがちな「主人公登場→日常とそこに起こる変化→変な女の子登場」というテンプレ導入とやってる内容はあまり変わらなくて、第1話としては概ね平均的なボリュームだったのでは。

とりあえず、田村ゆかりさんの演技も含めてフィアが可愛いので、しばらくはそれ目あてで見てみよう。いや、田村ゆかりさんだから、フィアが可愛く見えるのかもしれんけど。
あとは、ベルカ式「アクションディレクター:斉藤良成」に期待かな。
2011.10.04 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2288-b08d05a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
かわいい制服やら筆記用具やらをいっぱいもらえたのはいいんだけれど。 「お前がこれから覚えるべきセリフは、『映画監督とは関係ないんです』だっ!」 と言われて。 名前も、フィア・キューブリック...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。