上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『聖杯問答』

ライダーの台詞を経営者に置き換えてみた。

自らの経営を、その結末を悔やむ経営者が居るとしたら、それはただのボンクラだ。ワンマン社長よりなお始末が悪い。

余の決断、余に付き従った社員の努力の末にたどり着いた結末であるならば、その倒産は必定だ。悼みもしよう、涙も流そう。だが、決して悔やみはしない。まして、それを覆すなど、そんな愚行は、余と共に会社を築いたすべての社員に対する侮辱である。

無欲な経営者など、飾り物にも劣るわい!

経営者とは、誰よりも強欲に、誰よりも豪笑し、誰よりも激怒する。清濁含めて、人の臨界を極めたる者。そうあるからこそ、社員は社長を羨望し、社長に魅せられる。ひとりひとりの社員の心に、我もまた経営者たらんと憧憬の灯が点る。

たしかに貴様が掲げた正義と理想は、ひとたび会社を救い、社員を救済したやもしれん。だがな、ただ救われただけの連中がどういう末路をたどったか、それを知らぬ貴様ではあるまい。

貴様は社員を救うばかりで、導くことをしなかった。経営者の欲の形を示すこともなく、道を見失った社員を捨て置き、ただひとりで澄まし顔のまま、小綺麗な理想とやらを思い焦がれていただけよ。

ゆえに貴様は生粋の経営者ではない。己のためではなく他人のための、社長という偶像に縛られていただけの小娘に過ぎぬ。

経営者とは、誰よりも鮮烈に生き、社員を魅せる姿を指す言葉。すべての社員の羨望を束ね、その道標として立つ者こそが経営者。ゆえに、経営者とは孤高にあらず。その意志は、すべての社員の志の総算たるがゆえに!
2011.12.17 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2311-54b50dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。