上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『第三種接近遭遇、的な』

ラノベ原作なのに珍しく原作既読。3巻まで読みました。
第1話でものすごい勢いで話が進みましたが、1巻の半分くらいかな。この調子だと、読んでないところまでアニメ化されそうだ。

私の中でニャル子に阿澄佳奈さんは有り得ないんですが(阿澄さんは大好きな声優ですよ)、開始30秒で慣れました(笑)。やっぱ、アスミスくらいパワーのある声優じゃないと、ニャル子のキャラが面白くならないですね。

原作はわりかし地の文が多いというか、クトゥルーネタの解説もあって説明に割かれる分量が多いんですが、そのあたりは潔くばっさりと削ってテンポを重視した演出は、良い改変だと思います。ネタの構成にもかなり手が入ってますが、あまり違和感は無かったかな。
原作もこのアニメと同様に「くだらない(褒め言葉)」内容なんですが、説明の多さもあって、原作はむしろゆったり読める印象です。ただ、それをアニメでやっちゃうと間延びするので、アニメは原作のくだらなさを維持しつつテンポを上げてきたというところでしょうか。それでいて外さないあたり、スタッフが原作をきちんと理解できていることの証左ではないかと。

原作ファンというほどではないものの、原作を面白く読んだ者から見ても期待の持てる内容でした。

ところで、古いアニメ(TRPG)ファンならいざ知らず、この作品のストライク世代で実際にサニティチェックやったことある人、どれくらい居るんだろうなぁ。私は2回だけですが。
2012.04.14 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2365-a33ced64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。