上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『μ'sミュージックスタート!』

ラストのシリアス展開には賛否両論あるようですが、私としては第12話の展開はむしろ胸躍りました。いやもう、こういう展開は大好きです。そして、ラストまでの予定調和。これぞ王道です。

私はかねてより、エンタテインメントとしてのアニメに必要な要素として「約束されたハッピーエンド」を挙げてるんですが、何より大事なのはハッピーエンドに至る手前の“試練”なんですよね。この試練が重ければ重いほど、ラストのハッピーエンドが輝くわけです。
その意味で、手を抜くこと無く彼女らに試練を与えた制作陣には拍手を贈りたい。むしろ、これよるぬるい試練では、最終回の面白さが半減したと思います。

展開が唐突という話も、展開を匂わせるシーンはそこかしこに散りばめられてましたし、穂乃果と序盤の絵里との対比を考えても、ストーリー展開的に不自然さはとくにないです。まあ若干、キャラがストーリーに振り回された感じはありましたが、穂乃果が置かれた「ライブで倒れる→ラブライブ辞退→ことり留学」という流れを考えると、これで普通の精神状態である方が逆に不自然な気はします。
そう考えると、中途半端な追い込み方で同じ展開に持ち込むと、穂乃果の言動に不自然さが目立つ結果になると思いますので、徹底的に追い込んだスタッフの判断は間違ってないと私などは思います。

最終回Aパートは少し展開を急いだ感じというか、穂乃果覚醒のトリガが少しわかりにくかったので、そこは少し残念でした。絵里が序盤のようにもう少し強気に動いてくれた方が、私としては好みです。ただ、序盤の絵里が見せた強気は彼女の弱気の裏返しなので、強気に穂乃果を引っ張り上げるのはなかなか難しいところですが。

穂乃果覚醒以降の展開は、お約束というか王道パターンというか、とくにケチを付けるところはありません。満足のいく流れでした。

『ラブライブ!』といい『ガールズ&パンツァー』といい、やっぱり王道はいいですね。

全体を見ても、満足のいく作品でした。作画も全編通して良かったし、μ'sの歌もどれも素晴らしいです。
第2期をやるのかはわかりませんが、Blu-rayの売上も好調のようなので、期待せざるを得ません。次はやはり、ラブライブ出場を目指す展開でしょうか。サザエさん時空に入りますが(笑)。

ところで、『START:DASH!!』の9人バージョンいいですね。買わねば。
2013.04.03 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2426-15c66aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。