上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『心のメロディ』

2期のアフレコは4thライブの前だったようなので、この脚本は昨年のうちに書かれたはずなんですが、だとすると花田先生は予知能力者でしょうか(笑)。どのような制作スケジュールかはわかりませんが、おそらくライブ後に書かれた脚本だとは思いますが……。どうも本当に奇跡が起きたっぽい。

lovelive#09
あきらめちゃダメ! せっかく、せっかくここまで来たんだから!

雪中の行軍は一部で過剰演出とか言われてますが、4thライブに地方から当日上京した人間だと、わりとリアルにこんな感じだったんですよね……。とにかくもう、SSAにたどり着けると信じて進むしかない状態でしたから。

さて本編は、前半は最終予選に懸けるメンバーそれぞれの想いが描かれました。もう、最終回かよって感じですが(笑)。
実際、この描かれ方や第8話を見ると、最終予選が彼女らにとってのゴールのような位置づけなんですよね。たしかに、前回優勝者であるA-RISEに勝つというのをゴールと考えれば、μ'sにとってはラブライブ優勝に近い意味を持つのでしょうが、であればもう少しA-RISEとの絡みが欲しかったかな……というのが正直なところです。
今回のエピソードは、μ'sと音ノ木坂学院の生徒たちとの絆を描くことに注力したのだと思いますが、それによって穂乃果とA-RISEとの絡みが無くなってしまったのは残念です。
これだと、A-RISEに勝っても負けても、個人的には心残りなんですよねぇ。まあ、A-RISEに勝つことは、この物語のプロセスのひとつであって目的ではないんですけどね。ただ、第3話であそこまで持ち上げたんだから、きちんと風呂敷は畳んでほしいところです。

特殊EDとなった『Snow halation』の演出は、満を持して投入しただけあって素晴らしかったです。ちゃんと穂乃果ソロも入ったので、UOを持って全裸待機していた諸兄は歓喜したことでしょう。

さて、次回予告を見るかぎり、μ'sが勝ったか負けたかはまだわかりません。
今回が第12話だったら、実質的最終回として充分に機能するエピソードなので、最終予選で敗退して終了……という流れになるんですが、まだ少なくとも3話は物語を動かせるんですよね。
そうすると、やっぱり本戦に出るのかなぁ。でも、アニメ版『ラブライブ!』はテーマとして“絆”を前面に押し出しているので、第8話の希エピソードとこの第9話で、やるべきことはほぼやっちゃったように見えるんですよね。だとすると、本戦出場は下手をすれば蛇足になりかねない。
しかも、第10話のサブタイである『μ's』がいかにも最終回にありがちなので、第10話でいったん幕を引いて(この場合は、予選敗退ですね)、次の2話はまた遊びを入れて、第13話で卒業を描くという展開も有り得なくはないのですが。ただ、相当中だるみしそうで怖いですが。
その一方で個人的には、ラブライブ本戦(決勝?)で第1期OPの『僕らは今のなかで』を歌ってそのままフィナーレ(特殊ED)……という流れも捨てがたい。

いろんな展開が予想できてしまうので、待望していた第8話や第9話よりむしろ、次の第10話の方がいろいろと期待させてくれます。
どんな展開が待っているのか、楽しみでもあり不安でもあり、悶々とした1週間になりそうです(笑)。
2014.06.04 Wed l ラブライブ! l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2466-f9c380b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。