上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『叶え!みんなの夢』

もう、何も言うことはありません。

いや、ひと言だけあります。

ラブライブ!のスタッフは、本当によくわかってる

わかってなきゃ、こんな構成で最終回を作れないですよ。

『愛してるばんざーい!』が1期からの長大な伏線になってるとか、『Oh,Love&Peace!』が流れたところでも涙しましたよ。

・前進怖れずに
・喜びを分かち合って


まさに、アニメ版『ラブライブ!』で描かれたテーマそのものであることをあらためて気づかされ、涙を抑えることができませんでした。

第9話から5話も続いた最終回(私は、第9話が実質的な最終回だと思っています)、第9話放送時点では「5話(残り4話)も使って何やるんだ?」と思ってたんですが、『ラブライブ!』が築き上げてきた4年間を、まさに凝縮した構成になっていたと思います。

そして、1期第1話を彷彿とさせるパフォーマンスからの、花陽が受け取ったメールが劇場新作の告知に繋がるという鮮やかな流れ。

まさに Endless Parade ですよ!

ネットで見かけた感想で、「テレビアニメはテレビアニメできっちり終わらせてほしかった」というのを見ましたが、ちゃんとテレビアニメはすべてのテーマを回収して、第11話までにきっちり終わってます。ラブライブそのものが(予選も本選も)きちんと描かれていないことについても、(繰り返しになりますが)アニメ版『ラブライブ!』のテーマはA-RISEに勝つことでもラブライブで優勝することでもないので、本質的にラブライブそのものを描く必要は無いんです。
制作サイドは、これだけのことをきちんと計算してやってるんですよね。結果として、すごく「ご都合」な展開になっているところが多々ありますが、私はこう言いたい。

こまけぇこたぁいいんだよ!!

ろくにテーマも回収しないまま最終回を迎える作品などと比べたら、シリーズ構成は本当に良い仕事をしてますよ。ただ、アニメ版『ラブライブ!』はそのあたりの線引きが明確すぎて、逆に違和感を覚える人が少なくないようですが。
まあ、ツッコミどころが多いのは否定しませんけどね。でも、そこまでひっくるめて「アニメ版『ラブライブ!』」なのだと、私は思ってます。(私から言わせりゃ、3年生の進路なんてどうでもいいんですよ。作品テーマとはまったく関係無いんだから)

劇場は来夏~秋くらいですかね。まだまだパーティーは終わらないようです。
2014.07.01 Tue l ラブライブ! l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2474-cc345ce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。