上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
以前、山本寛監督が『ラブライブ!』についてコメントしたものを読みました。詳細は「山本寛 ラブライブ!」でググれば出てくるのでそちらを見ていただきたいですが、簡単に言うと、「『ラブライブ!』は優等生すぎる」というもので、読んでいてどうにも納得できなかったんですね。

ですが、最近になって唐突に、違和感の原因がわかりました。

ものすごくざっくり言うと、『ラブライブ!』と『アイドルマスター』は「アイドルコンテンツ」、『Wake Up Girls!』は「アイドル物のコンテンツ」なんですよね。

『アイマス』はゲームが出自で、プレイヤーがプロデューサーとなってアイドルを育てるという、アイドルそのものをエンターテインメントとしてパッケージングしたコンテンツになっています。
『ラブライブ!』は読参企画が出自で、「みんなで叶える物語」という作品コピーが示すように、制作とファンが一体となって作品を盛り上げていくというスタンスです。その上で、μ'sを明確にアイドルグループとして打ち出し、CDやPV、ライブといったアイドル体験を重視しています。
言ってしまえば、『ラブライブ!』も『アイマス』も、アニメは「コンテンツの一部」でしかないんですよね。『ラブライブ!』2期13話の構成を見ても、その姿勢は明確に示されていると思います。

一方の『WUG』は、「アイドルとは何か」という命題を出して一歩引いたところから、「アイドルという物語」を描き出すコンテンツになっています。その意味で、『WUG』はアニメが主要コンテンツという位置づけになります。別の言い方をすれば、『WUG』が描いているのは「アイドルそのもの」ではなく「アイドルの物語」なんですよね。

べつにどちらが優れているという話ではなく、『ラブライブ!』『アイマス』と『WUG』は同じアイドル作品でも、ジャンルが違うはずなんです。喩えるなら、『ドカベン』と『ダイヤのA』の違いとでも言えばいいでしょうか。

なので、『ラブライブ!』『アイマス』と『WUG』を直接比較して優劣を語ることには何も意味が無く、件の山本寛監督のコメントも、違うジャンルのものを無理遣り自分のフィールドに持ち込んで語っているから、違和感を覚えたんだな……と得心したしだいです。
2014.07.17 Thu l ラブライブ! l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/2475-d71e178f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。